会社概要

  • HOME
  • > 会社概要

会社概要

ご挨拶

昭和29年資源リサイクル業を創業以来、半世紀がたちました。鉄、非鉄、ビン、古紙の総合リサイクル業として営業を行ってまいりました。昨今、リサイクル資源の国際化が行われておりグローバル産業としての位置づけも求められております。

地球の自然環境を守るための取り組みがクローズアップされる中、循環型社会の一員としての役割が一段と重要視されています。そこで環境についての認識を高める為、ISO14001の認証を取得しました。私達はこれからも限りある資源のリサイクルを推進し行って行きます。明日を生きる子供達により良い環境を残してあげたいと願ってやみません。

代表取締役 荒川 直文

理念

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間:平成29年4月1日から  平成31年3月31日までの2年間
  2. 内容:

目標:所定外労働の削減を図る

【目標を達成するための方策と実施時期】
平成29年 4月~  所定外労働の現状を把握する
平成29年10月~  管理職を対象とした意識改革の研修を2回実施
平成30年 3月〜  各部署における問題点の検討及び研修の実施

概要

名称 株式会社 荒川
本社所在地 鹿児島市新栄町4番8号
設立 昭和29年3月
資本金 1,000万円
取引銀行 鹿児島銀行高見馬場支店、商工中金鹿児島支店、みずほ銀行、三井住友銀行
従業員数 155名
専用岸壁 鹿児島南港(2,000t迄の船舶接岸可能)
鹿児島七ツ島港(5,000t迄の船舶接岸可能)

事業内容

事業内容
  • 建物解体・機械解体撤去
  • 家電・OA機器リサイクル
  • 自動車リサイクル・中古パーツ
  • サーマルリサイクル
    廃プラ・木くず・機密文書・畳・布団・廃タイヤ等
  • マテリアルリサイクル
    金属くず全般・廃プラ等
  • 一般廃棄物・産業廃棄物の収集運搬および中間処理
  • 古紙リサイクルおよび販売
  • 新びん・古びんの販売

工場面積

本社 土地5,020m2
本社工場 建物333m2、建物工場1,000m2
新川工場 土地6,000m2、建物567m2、建物工場1,592m2
南港岸壁工場 土地5,000m2
七ツ島工場 土地17,800m2、建物160m2、建物工場152m2
RPF工場 土地4,488m2、建物160m2、建物工場1,195m2
南栄工場 土地6,487m2、倉庫3,882m2

主要取引先

新日本製鉄株式会社、共英製鋼株式会社、大阪製鐵株式会社、神戸製鋼株式会社、JX日鉱日石金属株式会社、株式会社MAP熊本、株式会社三洋アルミ、王子マテリア株式会社、大王製紙株式会社、薩摩酒造株式会社、本坊酒造株式会社、山元酒造株式会社、有限会社長島研醸、大口酒造株式会社、霧島酒造株式会社

主要仕入先

日本山村硝子株式会社、石塚硝子株式会社、酒井硝子株式会社、国土交通省、防衛省、文部科学省、各自治体、リサイクル業者、自動車解体業者

所属団体

社団法人 日本鉄リサイクル工業会、社団法人 鹿児島県産業廃棄物協会、社団法人 鹿児島県トラック協会、九州製紙原料直納商工組合、鹿児島製紙原料直納協同組合、九州硝子壜商業組合鹿児島支部、家電リサイクルAグループ

関連会社

南九州グリーンアース協同組合   鹿児島市七ツ島1丁目2-4
サツマアルミリサイクル工業(株)   鹿児島市七ツ島1丁目2-18
(株)荒川商店           鹿児島市新栄町25-14
(株)奄美リサイクル        奄美市名瀬佐大熊町2475
(株)荒川オートリサイクル      鹿児島市七ツ島1丁目1-25
霧島リサイクル(株)        霧島市国分広瀬1714-3


 

沿革

沿革
  • 昭和29年3月
    鹿児島市鴨池に於いて有限会社荒川商店設立
    鉄・非鉄金属及び硝子瓶の回収業を創める
  • 昭和35年3月
    鹿児島市宇宿町に鉄屑ヤード開設
  • 昭和37年7月
    スクラッププレス機械を設備、操業(八幡製鉄向け)
  • 昭和41年6月
    鹿児島市宇宿町新川尻に新川営業所開設
    古紙回収並びにプレス機械を設備、製紙原料として操業
    びん倉庫新設
  • 昭和43年8月
    株式会社荒川商店に社名変更
  • 昭和48年5月
    鹿児島市宇宿町南港岸壁に鉄スクラップヤード開設
  • 昭和52年1月
    鹿児島市新栄町に本社社屋新築、移転
  • 昭和61年2月
    七ツ島事業所開設
  • 平成4年7月
    一般廃棄物収集運搬業の許可取得
  • 平成12年12月
    一般廃棄物中間処理業の許可取得
  • 平成13年1月
    産業廃棄物収集運搬業の許可取得
    産業廃棄物中間処理業の許可取得
  • 平成13年4月
    家電リサイクルAグループ指定業務開始
    鹿児島市委託古紙リサイクル業務開始
  • 平成14年12月
    環境ISO14001認証取得(七ツ島事業所)
  • 平成16年2月
    RPF(固形化燃料)工場新設
  • 平成16年3月
    創業50周年を迎える
  • 平成24年4月
    七ツ島事業所に新型破砕機・選別機を導入
  • 平成27年10月
    株式会社荒川 へ社名変更

環境への取り組み

ISO14001認証を取得しています

- 理 念 -

当事業所は、金属及び廃家電、廃自動車等のリサイクルの業を通して循環型社会に役立つ企業を目指し、「地球環境を守り、天然資源を生かす」ことを理念とし、廃棄物のリサイクル化にも貢献していきます。さらに、従業員が一丸となり環境保全対策を実施し地球環境保全のために尽くします。

- 方 針 -

  1. 当事業所の事業活動、製品、サービスに関わる環境側面を常に認識し、汚染の予防に努めるとともに環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  2. 当事業所の環境側面に関わる環境関連法、協定等、当社が同意するその他の要求事項等を遵守し、その管理を継続的に行うとともに環境保全水準の向上を図ります。
  3. 当事業所が行う事業活動が環境に与える影響の中で、以下の項目について重点テーマとして改善活動を推進します。

① 資源性処理物・廃家電処理物の生産効率改善によりリサイクル量を向上させるとともに、事業所全体の電力及び燃料等のエネルギー使用抑制に努め、天然資源の枯渇及びCO2の発生抑制に努めます。
② 環境設備の整備、7S運動により環境保全の質的向上を図ります。(7S:整理・整頓・清潔・清掃・躾・作法・始末)
③ 事業活動で発生する廃棄物の削減を図り埋立処分場の延命と資源の枯渇の抑制に努めます。

  4. 環境方針は、全従業員(正社員、嘱託、パート)へ教育・掲示等で周知徹底を図ります。

-この環境方針は広く一般の人に公開示します-

2011年2月1日
㈱荒川 七ツ島事業所
代表取締役 事業所長 荒川 直文

ISO14001登録証
 
ISO14001付属書


― 認証の概要 ―


登録番号

EC02J0260

適用規格

ISO14001:2004 ・ JIS14001Q 14000:2004

登録日 平成14年12月25日
更新日 平成20年12月25日、平成23年12月25日
登録者 (株)荒川 七ツ島事業所・家電リサイクル部
登録組織全域(中間処理工場を含む)における一般廃棄物及び産業廃棄物の廃棄物処理事業及び資源と自動車と家電のリサイクル活動
審査登録機関 (株)日本環境認証機構

 

会社パンフレット(印刷用)

取扱品目やリサイクルシステム、事業所など詳しく記載しております。

(株)荒川の印刷用パンフレットです。     

arakawa_pamphlet.pdf(PDFファイル;1,994KB)


※PDFファイル形式のファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。

aaaa

リンク集

家電リサイクル券センター (http://www.rkc.aeha.or.jp/index.html)

家電リサイクルの仕組みが詳しく説明されています

自動車リサイクルシステム (http://www.jars.gr.jp/)

自動車リサイクルの仕組みが詳しく説明されています

社団法人 鹿児島県産業廃棄物協会 (http://www.kagoshima-sanpai.or.jp)

鹿児島県の廃棄物関連の企業が加盟する協会です